健診とか病院とか添乗とか保育園とか色々あるね

ヤフオクで欲しい物が格安で落とせそうな時

普段から欲しいと思っている高級腕時計Cartierのパシャがヤフオクで安く出品されている!?
中古でも10万以上はするのに5万円で即決だなんて破格すぎる。
しかも美品で付属品も全て揃っているなんて。
こんなチャンスは二度とないかもしれないぞ。
なんとしても欲しい・・・。

ちなみに財布の中身にはいくら入っているんだろう。
・・・1万3千円。
なんでこんなに少ないんだ・・・。
そうか、この間の日曜日に彼女とUSJデートに行って来たんだった。
楽しかったなぁ~、アトラクションの待ち時間にキャラメルポップコーンを二人でモグモグ食べて。
ランチはハンバーガーとポテトを食べて美味しかったなぁ~。
帰りにゲーセンに寄って大きなぬいぐるみを5000円掛けて取って彼女にプレゼントしてあげたらものすごく喜んでくれたんだよね。

はっ!ものすごく無駄遣いをしていたではないか!そりゃあ財布の中身もさみしくなってしまうよ(笑)
次の給料日まで2週間もあるのに。
ダメだ・・・、残り時間は48時間!時間はあまり残されていない。
貯金もないしこうなったらお金を借りるしかない。

親に頼みこもうか?いや、理由が理由だけに絶対に断られる。
知人や友人に頼れる人も居ないし、やはりカードローンで借り入れるしかないか。
2週間後の給料日に返済すればいいし、利息は高くても1000円も掛らないだろうし。
今まで借金を一度もした事ないんだけど、どうしよう・・・・。
今すぐお金を借りたいけど、う~ん、悩みます。

今すぐお金が欲しい時、それは住宅設備が不具合があった時!

お金っていくらあっても困りませんね。しかし、必要な時にお金がないと非常に困ります。
美味しいものが食べたい時、お気に入りの服を偶然見つけた時、給料日前に友達と飲みに行く約束をしてしまった時。
どれもお金が必要になりますが、正直これらの理由ならお金がないから無理というなら、泣く泣く諦める事も出来るでしょう。

しかし、それがお金がないからと諦めるわけにいかないものだったとしたら。

うちでは去年そんな出来事が起きました。

朝になり、その不可解な出来事に気づきました。何と突然、給湯器が盗まれてしまっていたのです。

いつものように朝、お湯を出し顔を洗うはずが、いつまで経ってもお湯が出ない。
おかしいなと思い、給湯器のリモコンを見てみると電源が入っていない。電源のスイッチを何度押してもランプが付かない。
そこで、外の給湯器を見てみると見事に無くなっていたのでした。

季節は冬。お風呂に入らないわけにはいきません。急遽給湯器を購入しなければならなくなったのです。
とは言え、貯金なんてなにもなし。給湯器は数万円で買えるものではありません。お金欲しいです。

困ったことに、ガス屋さんに連絡し急いで給湯器を取り付けてもらうことになりましたが、支払いをローンにすると利息だけで2万円。
これは現金で払うしかない、と現金が手元にないまま決断したのでした。

今回は早急にお金を現金で支払う必要があったので、とにかく手当たり次第、身内や親戚に電話をかけ相談しました。
事情が事情ということもあり、親戚から即日借りることが出来ました。

こんな時やはり貯金は大切だなと思った出来事でした。

稼ぎが少ないのですぐにお金が無くなります

私の仕事は歩合制です。
しかも、今 仕事が激減し それゆえ 貰う給料も とても少ないです。

ですから、稼いだかと思いますと すぐにそのお金は消えて無くなります。
特に贅沢をしているわけではありません。ただ、生活のために必要なお金を使っているだけですのに、毎月 かつかつの生活をしています。

他の人からは「働けばいい」等と言われるのですが、何せ仕事がありません。
また「もう1つ別の仕事」と思い、パート等の面接に行った事もありますが 本業があるため もしくは年齢のために不採用になってばかりです。

かなりの節約生活をしているつもりですが、それでも足りない場合は 恥ずかしながら 親にお金を借ります。
親も「他の人から借りるくらいなら親から借りなさい」と言いますので、親からお金を借りることにしてます。

勿論、月々 返してはいますが、「返しては借り」の繰り返しというのが現状です。
ですので、たまに仕事が増え 収入がほんの少し増えましても それは すぐさま親への借金返済に回します。

少し前から ちょっとした内職を始めました。
貰えるお金は少ないですが、0円よりはましなので これも頑張ろうと思っています。

ブランクのある看護師の求人

看護師の求人は、病院や個人医院の求人にとどまらず幅広くあります。保育園の専属看護師や、イベント会場の臨時看護師など様々な分野で、多くの求人があります。(例:病院看護師の募集なら、こちらの求人サイトがいいですよ

地域によっては、高校で衛生看護科コースがあるので、最短で看護師になることができる学校もあります。看護師の資格を取得しておくと、臨床経験があれば、その後にブランクがあっても、ほぼ一生困ることはないはずです。

今、看護師の世界では、潜在看護師の存在を活用しようという動きがあるからです。臨床経験があるものの、その後、結婚や出産や配偶者の転勤などプライベートの都合から看護師を一時引退してしまっているという人を積極的に採用しようという
動きがあります。

生看護師の資格を所持していれば、ブランクがあるという人でも、看護師はどこでも不足の傾向があるのでブランクのある人でも歓迎されています。

看護師の求人サイトでも、ブランクのある看護師歓迎という求人サイトは多く見られます。

先輩看護師が、ブランクのある看護師を積極的にフォロー教育してくれている病院との提携で成り立っている看護師の派遣求人サイトもあります。

ですから、ブランクのある正看護師の方でも、もう一度働きたい、もう一度現場に出たいという思いがあるなら、もう一度、看護師として働いてみましょう。

ブランク看護師は、患者さんにとても優しいという傾向もあるので、患者さんからもとても人気があります。

健診看護師さんの優しい心遣いが嬉しかった。

健診看護師求人

以前、大人アトピーを発症したことがありました。アトピーを発症した当時、どこの皮膚科に行っても「アトピーは治らない。」と言われていました。

ステロイド剤をポンと渡され、これでも塗っといてといった対応を沢山されることが多く辛かったことを今でも鮮明に思い出します。

大人アトピーは体に症状が出る子供のアトピーと違い、顔に出ることが多く顔の一部がケロイド状になり精神的にひどく苦痛でした。

病院も沢山回ったのですが、良い病院は見つからず。そんな時にほぼ完治したという子供時代からアトピー持ちだった友人にある皮膚科を紹介してもらいました。

子供時代からの頑固なアトピーがそこの病院でほぼ治ったという触れ込みでした。

その病院の先生の薬の調合のおかげで無事に私もアトピーが治ったのですが、初回に診察を受けた際、その病院の検診看護師さんに「辛かったね。先生が良い薬を出してくださるからね。」と親身に対応していただいて本当に嬉しかったことを覚えています。はっきり覚えてないのですが、他にも色々と声をかけて頂き涙が出そうになりました。

他の病院では看護師さんは空気のような感じだったので、こんなに優しい検診看護師さんもいるんだなぁと感動しました。

育毛は必ず成功する

根気さえあれば、髪は必ず生えてくる。
10年ほど前から本格的に始めた育毛だが、頭頂部付近がほとんど目立たなくなった。
洗髪回数は朝と帰宅してすぐの2回行う。
もちろん、洗髪後はタオルドライをし、育毛
剤をかけて10分以上の頭皮マッサージをする。
育毛剤は市販されているものであれば、何でもOKで自分の体質に合わせて決めればいい。
一番大事なことは、1日2回の洗髪を毎日、繰り返して行うこと。
自分の場合、2カ月目で目に見える効果が出てきた。

突然の母の入院でお金が必要になったのです

“私がまだ社会人一年生の時の事です。父と離婚して私を一人で育ててくれた母が、入院しました。突然の事だったのです。

いつも日課でしているウオーキング中に、足を踏み外して溝にはまってしまったのです。そして足を骨折してしまいました。

母は貯金もなかったのです。だから入院費がなくて、とても困っていました。でも私が何とかするから大丈夫と言ってしまったのです。

私も正直貯金はありません。仕方がなく離婚した父に連絡をしました。でも父もお金がなくて、結局借りれなかったのです。

そこで悩みに悩んで私はキャッシングを利用したのです。以前付き合っていた彼氏が、よくキャッシングをしていました。それを思い出したのです。

あの時は彼氏の事をとても軽蔑していました。そんな簡単にキャッシングをするなんて、信じれないと思っていたのです。

でも今の私は結局キャッシングを利用しようとしています。内容は違っても結局同じなのです。

このようにお金が必要で、困った時にはキャッシングが便利です。

看護師が足を洗ってくれてありがとう

私は小学生6年のころまで喘息で体の弱い子供でした。週に1回は喘息の発作に悩まされていたと思います。

小学校6年の年の12月に風邪をこじらせ喘息の発作を誘発しました。いつもは、通院している病院で注射と投薬で喘息の発作を鎮めていたのですが、この時の発作はなかなか治まらず、学校も1週間以上休み、食事もままならない状態へとなっていきました。

もちろん風呂にも入れない状態が続き、冬の季節とはいえ、体が汗ばんで気持ち悪い状態でした。

一向に治まらない喘息の発作に、とうとう主治医の判断で私は入院することになりました。

入院したのは小児科病棟で、私より小さい子供がいっぱいいて、学校というより幼稚園に近かったです。その中で看護師さん達は、幼稚園の先生のようでした。

私が入院した病院が医科大学の付属病院だったため、看護師さんは看護学校を出たばかりの若い人ばかりでした。その中で、一人の若い看護師さんが私の足が汚れていることに気づき、温かいお湯で足を洗ってくれました。

お湯の気持ち良さと、その看護師さんのやさしい手の感触と、やさしい気持ちがすごく身に染みました。今でも忘れられない嬉しかった思い出です。

おかげで入院も2週間で終わり、その後は元気に暮らせるようになりました。